スポンサードリンク

2007年08月21日

ストーンセラピー

こんにちはわーい(嬉しい顔)手(パー)


ここんとこずっとバタバタしていたので、かなり久しぶりのブログですふらふら


何だかお盆が過ぎて毎日毎日さらに暑さが増していってるような・・・あせあせ(飛び散る汗)

気温40℃を越えたとこもあるとかexclamation×2すんごい高熱が出た時と同じ温度が外気温exclamation&question



もう訳がわからんどんっ(衝撃)って感じになりますぅ。


あまりの暑さの中で、ついつい癒しを求めてしまう今日この頃・・・いい気分(温泉)

ちょっと気になるのを見つけちゃいましたるんるん

その名もストーンセラピーぴかぴか(新しい)

石のパワーでリフレッシュできるんだとかグッド(上向き矢印)

大きく分けるとホットストーンセラピーパワーストーンセラピーの2つに分かれます。

ホットストーンセラピー

ホットストーンセラピー
は、温かい天然の石(ストーン)とオイルを使ったトリートメント法。

大きめのストーンを体の疲れの出やすい背中(肩・肩甲骨・腰)に並べたり、

足裏や手のひらに置いたり、足の指に小さなストーンを挟んだり、

温めたすべすべのストーンをオイルを塗布した体の上で滑らせ、

筋肉の流れに合わせて全身トリートメントマッサージを行います。

ストーンの遠赤外線効果により、温かさが身体の奥深くまで浸透し、

温泉入浴後の温浴効果のように血液やリンパの流れを活発にし代謝を高めてくれます。


そして、ストレスや疲れによる筋肉の緊張を緩和、自己治癒力を高め、

心身の調和と浄化を促進します。

肩こり、冷え性、不眠、腰痛、むくみ、目の疲れなど、現代社会の様々な

ストレス症状を緩和手助けをしてくれるのです。

使用する石は、アメリカのアリゾナやハワイのマウイ島の火山流から

地表に噴出したマグマが急速に冷えて固まってできた、火成岩(玄武岩)が多く使われます。

玄武岩は、鉄分やマグネシウム分などの鉱物を40%〜70%も含む苦鉄質火山岩で、

全体の色は黒っぽく艶があります。組織の密度が高いため熱が冷めにくく、

遠赤外線効果高いので体の深部までじんわりと温かさを伝え
ることができるのです。

火成岩はおもに海底をつくっている岩石でもあるので、まさに地球そのもののエネルギーを受

けている・・と、言えそうですねグッド(上向き矢印)

パワーストーンセラピー
は、ジャムセラピー(ジェムヒーリングなどとも呼ばれる、

天然の石の持つ個々のパワーを生かしたナチュラルセラピーです。

天然石には、太古の昔から神秘的な力があることで知られていて、

古くは御守りとして身に付けていたり、ギリシャ医学では病気の治療にも用いられていました。

現在でも伝統的な中国医学やアーユルヴェータ(インド)などには「石薬」の伝統が

残されています。

ジェム・エッセンスとして、石のエネルギーを水に転写した製品も数社より発売されていて、

水晶水などは、家庭でも気軽に作ることができます。

オイルにストーンのエネルギーを転写したジェムオイルでのトリートメントも行われています。

一つ一つの石には独特の力があり、人々はその力によって幸せを掴みたい

という思いから様々な石を身に付けたり部屋に飾ったりして、特別なものとして

接してきました。 

石には時代を問わず人を惹きつける魅力があります。

それは、石そのものが固有の輝きやパワーを持っていて自らの力によって

輝いているからなのですぴかぴか(新しい)


 

 






 

posted by あおいマミー at 16:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。